« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月の投稿

2005.02.26

時計

DSCF0006ようやく・・やっと・・取り付きました。

日本時間と共にカナダの時刻とフィンランドの時刻。
これで、すぐ時刻が確認された・・。

デジタル時計だともっと詳しく分かるのだが・・と、言う声も有りましたが、それはそれで勝手に自分で
計算してください!  小野サン。

この3台の時計を眺めていると、何となく引き締まる!


=カザマ=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.20

愛知万博

愛・地球博、環境をテーマにした博覧会が3月から9月まで
愛知県で開催されるようです。

名古屋というと少し前までは遠い所のような気がしていましたが、
最近は頻繁に夢木香さんと連絡を取り合っているので、とても
近く感じるようになった。

2月17日から福島空港でも名古屋路線が開始し、1時間20分
ほどで名古屋に到着するようで、ますます近く感じます。

環境をテーマにした博覧会という事で、「自然の叡智」をテーマに掲げている。
インターネットを検索すると万博に反対している方々もいたようですが、
やるからには成功してほしいと思います。環境問題については、
本当に真剣に考えなければならない時期に来たという事ですね。

まずは、自分にできる事を考えてみよう。

-hitomi-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.18

春遠からじ...。


今日の猪苗代の気温は、10度暖かいです。
関東や南の地方に比べたら真冬の温度でしょうが、北の雪国では、冬の気温が5度以上は、あったか~く感じられます。外の匂いも春の匂いがする。(言葉では、説明できないのですが...。)
今日は、暦の上で「雨水」立春から15日目、雪や氷が溶けて水になっていくのだそうです。ようやく、春が感じられてきました。寒い冬とは、おさらばです。
今年は、予想外に大雪で被災地新潟の皆さんも大変なことだったと思います。
もうじき、春。何となく、新たにスタートを切れるような気がします。
こんなに、春がいとおしく感じられるのも、雪国に住んでいるお陰なのかもしれません。
 
Kaoruでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.17

困った・・・

今月は28日しか無い。
たった3日少ないだけなのに、その3日がどれだけ貴重か・・
毎日何気に過ごしているようで実は日にちにとらわれている。
何日までにはこれをして、何日にはこれを確定してと月の中の日にちで動いているので、
今月はもうすっかり頭の中でスケジュールの組み立てがぐちゃぐちゃになってしまった。
昨日までは冷静に考えていたつもりが、今朝の夢見が悪かったせいか、会社に着いたら
何も考えられなくなっていた。
これではいけない!といつもの仕事を続けていても、ずーっと頭の中を整理しようとしつつまとまらない。
しまいにどっか悪いのではと病を疑う始末。
まとまらない書き込みでごめんなさい。
あ゛ー・・社長は昨日から何かをひらめき続けているらしく、まったく社長がうらやましい一日でした。真奈美

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.16

雪堀り

DSCF2939今日の朝、会社に一番乗りし事務所の鍵を開けようとした時、シュ~ジャバジャバジャバと噴水のような音が聞こえてきた。エッなんでと思い音のする玄関脇を見た。
そこは事務所の屋根に積もった雪が落ちて山になっている所、この中からだた。ここには外部立ち水栓がある所で水道管が破裂したか?と思い氷になった雪を掘り出して見ると立ち水栓の上に取り付けてある棚板が無惨にも雪に潰され傾き蛇口が取れて水が吹き出ていた。ありゃ~・・・
幸い止水栓までは壊れてなかったので止める事ができたが雪のちからを感じさせられた朝の出来事でした。

                           ono

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.15

音 楽

日立での打ち合わせの帰り、営業K君の車内に流れるのはいつも“浜省”と決まっているので、またまたかかるのかと思いきや、流れてきたのはなんと、以外にも“小林旭”であった。
正直なんと云っていいものか。私の育った時代的な“ずれ”はもちろんのこと、あの“ムード歌謡”はなかなか馴染めない。あの“ギターを抱いた渡り鳥”が植木等調の歌を歌っていたのはある意味ショックだった。

最近、音楽から遠ざかってしまって、昔のように背筋がゾクゾクするような歌との出会いも無くなってしまった。歳のせいでしょうか?こんな調子なので私の車内は決まってアース・ウィンド&ファイヤーで始まり→パット・メセニーでメインデッシュ→そして上がりがノラ・ジョーンズ、そして再びアースの振り出しに戻る。なんとも寂しく3枚で全てが完結してしまう。

先日、グラミー賞が発表されレイ・チャールズが8冠に輝いたそうです。亡くなってから栄誉を称える気持ちも解らない訳でもないですが、今晩辺り私も便乗して、埃まみれのブルースに酔いしれてみようかと思っています。

関澤アトリエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

教えてください!

DSCF0088弊社2Fショールームのプレオープンも無事済んで一段落しております。
ご来店くださいましたお客様!有難うございました。 この日に合わせて、1Fショールームにも新たな薪ストーブを設置しました。しかも前日に・・。
薪ストーブは骨の芯まで暖まり、いったん薪ストーブの前に座ってしますと、なかなか体が動かなくなる。なぜだ?


さて、話変わって。最近、暖かくなり気温も上がって春の風はまだ遠~いが、長めのソックスから短めのソックスに
履き替えてみました。
皆さんご存知のくるぶしまでのソックスです!コイツを履くといつも思う・・。

靴を脱ぐとき必ずソックスまで脱げてしまう。正直ムカツキます!調子いいときは、朝玄関を出て、車まで行くあいだに靴の中で半分脱げている・・このときはさすがにMAXです!もういいや~と思い、靴の中でソックスが半分脱げた状態で、車に乗り込み会社まで運転してやる~、と一人でムカツイております。
さすがに、途中気持ち悪くなり、赤信号で直すのですが・・勿論、会社に入るときは、お約束で半分脱げます!
ちなみにですが、ゴム長靴は、全開で脱げてしまいます。

コレって私だけでは無いですよね・・?みなさん、ど~してますか教えてください。

=カザマ=
ps:くつした繋がりで次の方、期待してます・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.12

我が愛車PART4

 昨日、ショールームプレOPENには、多くの方々にご来場頂き、誠にありがとうございました。

OBのお客様にもお会いできた事は、元気の源なり、本当に嬉しく思います。

ご来場頂きました皆様、スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。
また、3月のショールームOPENには、是非、お気軽にご来場くださいませ。

 さて、我が愛車PART4。そうなんです。今度は、私の車の話です。
先日、早朝暖気運転をしようといつもの様にエンジンをかけようとしたら、あれぇっ?
かからない...。バッテリーかな?
(ヤバイ。今日は、燃えるゴミの日、あとそうだ子供のスキー大会で、学校に7時30分まで送っていかなくちゃいけない。もうこんな時に...。)
パパさんを起こして、黒と赤の線(ブースターケーブル)持ってるか聞いたところやっぱりない様子。ふぅー。
他に持っている人を頭の中で思い出し、電話をかけまくって、最後に川木キャップが持っていた。良かった。(T_T)
再度,、車に戻り再挑戦?!室内灯が点いてるのに気がついた?!
(バッテリーじゃないのぉ~)もう私には、原因追求は、不可能。
町内の整備工場に即、電話したところ、プラグの磨耗が原因だったようです。
夕方には、パワーアップで、戻ってきました。
めずらしい愛車のトラブルなので、びっくりしました。
丈夫で、故障知らずなんだから、これからも頑張ってね。
朝から、電話かけちゃって、お騒がせしちゃった3人の方、申し訳ございません。m(_ _)m
何かあったら、またお願いしますね。(^.^)/

Kaoru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.09

イッタラ

DSCF0063以前からイッタラのガラス製品や陶器に興味があった私には嬉しい限り!!20世紀デザインでも代表的なイッタラのフラワーベース。
2Fショールームに飾る予定です。

知ってか知らずか長谷川社長がフィンランド出張の時に
2Fショールーム用に購入してきてくれたのです!
元々私個人的にはイッタラの『オリゴ』シリーズのストライプマグや
ボールに憧れていたのですが、世界的にも有名なイッタラの商品を
飾れるなんて、それだけでワクワクしてしまいます。

その他にも北欧のプロダクトデザイナー、ステファン・リンドフォース
デザインのコーヒーカップなどもあり、本当に素敵です。

明後日はプレオープン、オープンまではあと1月ほどありますが
ほぼお伝えしたいデザインはまとまってまいりました。
森と湖の国フィンランドで生まれた作品と同じ土地で作られた
カルタノログの魅力を感じ取って頂ければ嬉しい限りです。
是非一度足をお運びください!お待ちしております。

-hitomi-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.08

セルフビルド

最近の工事物件は施主自ら行う工事たとえば塗装や壁塗りまたデッキ造りなど最近特に多くなって来ている。
コストを下げる為にだけではなく自分が住む家だから何か・何処か自分で造り上げたいという施主さんが目立ています。 特に塗装工事が一番多いですね。色々な工事の中で特に道具を簡単に揃えられると言う事もありますが、ペンキ塗りを一日、一日、また一日と塗った所まですぐに確認でき、出来映えもすぐにわかるからでしょうか?
実際に行った施主さんに聞くと、楽しかったと言う方・思った以上に大変だったと言う方・高い所が怖くてうまく塗れなっかたと言う方など色々ですが、上手・下手問わず一日・一日と達成感を味わっているようです。
今やっている施主さん・これからやる施主さん楽しんでがんばってください。

                          ono 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.05

こだわり☆

現在ショールームをリニューアル中です。
通常の業務はいすに座ってばかりの私も、片付け・掃除・並べ変えなどにかりだされ、ちょこちょこお手伝い。
おそらく足手まといとは思いながらも、何かつけて手と口を出しています。
せっかく並べてもいつの間にか直されたりしつつのお手伝い。トホホ・・

でも皆の仕事ぶりを見ているとつくづく感心します。
自分の会社内を誉めるのは恐縮ですが、ほんとにみんなそれぞれのこだわりがあって、なるほどの連続。
一人一人まかされた場所に対して真剣で、一つの物を飾るのにもそれが表れています。
是非我が社のスタッフ一人一人のこだわりを見にいらしてください。

OPEN日程等詳しくは近日中にお知らせ致しますので乞うご期待!!   真奈美

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.04

我が愛車PART2

先週から続く大雪で、とうとう私自身にも大きな不運が雪とともに降ってまいりました。

一昨日の晩、仕事を終え、いつもの道をいつもの通り慎重に雪道を進み、暫く考え事などをし、ふと燃料計に目をやると空を指しているのに気付き、あわててスタンドを探しましたが、この時間開いているスタンドが近くになく、10kmぐらい進んだところで運良く”行きなれない”スタンドが開いていました。エンジンブレーキで減速をかけスタンドにすべり込み、給油のレーンに入ろうとしたところ、左に切ったハンドルは曲がることなくそのまま、真っ直ぐ!!ガードレール代わりの鉄のポールに!!!!フロントからペコリ.....!やってしまいました。

幸い私の車のみの損害でしたので、大事に到らず。
後で聞けばこのスタンドの床は滑ることで知られているそうです。

くれぐれもみなさん、雪道は十分お気をつけください。
関澤アトリエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.03

我愛車

ジムニーを愛車にして早2年という月日が経ちます。
やはりジープだけあって、冬道には強い!ガッチリ雪を噛みまくってます。

だが、夏になると凄く無駄な車に感じる・・

私が過去に十数台、色んな車を乗り変えてきた。なぜそんなに車を変えるのか今思うと自分でもよくわかりません。
あきて、タイミングよく次の車が見付かったという感じですか。

ゴルフ・ミニ・プジョー・それから国産社もちらほらと・・今思うと、なんて無駄な乗り方をしたのか・・若かったな~。

今現在は、興味のある車が余りありません。荷物が詰めて、コンパクトで、燃費が良く、ハンドルがあって、ブレーキが装備し、勿論アクセルがあればOK牧場でしょう!
バイクを乗り始めるようになって、車には全く興味をもたなくなった。

ただ欲を言えば、BMWミニだけは興味があり、乗ってみたいと言葉には出さず心で思ってます。

早く春になってほしい!

  では、また。

           =カザマ=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.02

またまた雪です。

IMG_0302今回の話題についてもまたまた雪の話題になってしまいますが・・・・・・。
降っています。今回もかなり降っています。
ただいまの時間まで朝早くから除雪作業をしていました、今回の寒気はかなり強烈なようで今も降り続いています。
この調子で降られると今晩もかなりの積雪になると思われますので又明日も除雪のようです・・・・。
こんな時に自宅の除雪機は壊れてしまい今日の自宅の除雪は手抜きしてきました。
今晩自宅まで車が入れるのかが心配です。
そう言えば、自分の子供の頃、吹雪になると良く集団下校になり学校を半日でみんなで帰ってきた思いがあります。
本日は会社も早めに切り上げないと帰りやばそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »